リーダーシップは天性のもの?リーダーは育てられるのか?

本当にリーダーシップは天性のものなのか?

よく、リーダーシップは天性のものであり、育てようとして育つものじゃないといわれます。

本当にそうでしょうか?

私も以前は、リーダーシップは天性のもので、誰でもリーダーになれるものではないと思っていました。リーダーになれるのは、ごく限られた人だけで、ほんの一部の人だけだろうと思っていました。

どうしてそう思ったのかというと、学生の頃など、クラスの先頭に立つ子というのは限られていましたし、とても自分にはできそうにないと思ったからです。できそうにないだけではなく、やりたいとも思わなかったので、そのような役が回ってきそうな気配がしたら、逃げる!

逃げるは恥だが役に立つといいますからね。

確かに、逃げていると、そういう役が回ってこなくなったりします。ところが、年齢を重ねるにつれて、そんなことをいっていられない状況が訪れます。就職して数年もたつと、まずは現場のリーダー的な役割を担うことになります。

「お前もそろそろ中堅だからな」

そんな上司の言葉に少し疑問を感じつつも、リーダーなどをやることになってしまいます。そこから逃げるというのは、なかなか難しい。業務上の命令ですからね。そこから逃げるのには、逆に相当な覚悟が必要です。だとしたらやるしかない。。。

努力すれば、それなりのリーダーにはなれる

で、実際にやってみると、すべてが順風満帆ではありませんが、まあそこそこできました。課題はたくさんあったと思いますが、初心者リーダーとしては、まあまあやれていたと思います。

でも、その代わり、それなりに努力もしたんです。

  • リーダーというのは、どう振る舞えばいいのだろう?
  • こんなときは、どうしたらいいのだろう?
  • 何度いっても変わらないけど、どうしたらいいんだろう?
  • あのときあんなこと言ったのは失敗だったけど、どうしたらよかったんだろう?
  • 年上のメンバーには、どう話せばいいんだろう?

などなど、それまでとは違う役割をまっとうするためにどうしたらいいのか、相当考えましたし、本を読んだりもしました。先輩に相談したりもしました。

そして、そこで学んだことを実際にやってみて、少しずつうまくできるように努力していったのです。

すると、パーフェクトではないものの、それなりにはうまく回っていきました。チームワークもよく、雰囲気もよかったし、やることもやって成果も出ていたし、まあまあよかったと思います。

自画自賛みたいに聞こえるかもしれませんが、元々リーダーなど人の上に立ったり、先頭に立って何かやったりするのが苦手な私にしてみたら、それでも大したことなんです。

その後も、気がついたら、プロジェクトリーダーをやることになっていたり、○○長を任されたりしました。やりたくもないし、それが得意でもないんですが、断れない状況で、やるしかないのでやりました。

その都度、どうしたらいいんだろうといろいろ悩みました。

そのときそのときで、メンバーも違うし、やるべきことも違うし、人数も違うし、男女比とか年齢構成も違うし、その都度その都度、どうしたらうまくチームをまとめられるのか、とても悩みました。

でも、悩みながらも何とかやってきて、それなりにできていたと思います。もちろん、すべてがうまくいっているわけではありませんが、全体としてはまあまあできただろうと思います。

またまた自画自賛みたいになっているのですが、決して自慢したいのではありません。

私でもやればできる!

そういいたいだけです。

「私でも」というのは、子どもの頃から引っ込み思案で、大人になっても人見知りで、チームの先頭に立つよりも後ろからひっそりとついていくのが好きで、とてもリーダーには向いているとは思えない、そんな「私でも」ということです。

本人の意思と適切な教育があれば、みんなリーダーになれる

リーダーシップは天性のものなのか?育てられるのか?という話に戻します。

上記のような自分の経験、既存のリーダーシップ研究からの学び、周囲の社長、幹部社員などを観察して得られたことなどを総合的に考えると、リーダーシップというのは決して天性のものではない、というのが私の結論です。

私の場合、しつこいようですが、元々リーダーに向いているとは思えません。適性があるとはとても思えないのです。でも、やらざるを得ない状況に追い込まれて、どうしたらリーダーとしてうまくやれるのかを考え、学び、それを実践したことによって、何とかそれなりにその役をやりきりました。

つまりは、適性はないけど、育てられた(いろいろ学んだ)ことで、リーダーになれたのです。

でも、その反対のケースもあります。

リーダーとしての適性がありそうな人が、失敗してしまうケースです。

たとえば、自ら進んでリーダーになる人が、結果としてうまくチームや組織をまとめているかというと、そうとも限りません。最初は、リーダーとして頼りにされるのですが、徐々に信頼を失って、チームがバラバラになっていくケースを何度も見ました。

この場合、自ら進んでリーダーになろうということは、リーダーとしての適性はあるんだと思います。でも、うまくいかなかったのは、リーダーとしてどうするべきか、どうあるべきかを学ばなかったからだと思います。自己流でチームをまとめようとして、結局、失敗してしまったのです。

つまり、結論としては、適性があればリーダーになれるわけではなく、それなりに努力が必要だということです。反対に、リーダーになるという意思があれば、正しい努力をすれば、リーダーになれるということでもあります。

リーダーになるための正しい努力とは?

そこで私が最近重要だと思うのが、どうすればリーダーになるための正しい努力ができるのか、ということなんです。

リーダーになるための努力って何でしょう?

何が正しいんでしょう?

そこが分からないことが多いのではないでしょうか?

私も、確固たる答えを持っているわけではありません。でも、少しずつ見えてきたようにも思います。

人生と同じで、明確な答えがあるわけではなく、常に勉強なのかもしれません。

でも、それが明らかになれば、世の中に、もっともっと素晴らしいリーダーが増えて、素晴らしいチーム、会社が増えていくだろうと思うのです。

そうなるように、その一助となれるように、これからも日々精進、努力していきたいと思います。