成長のカギは、継続学習

人が成長するために必要なことには、様々なものがあります。

いろいろな経験をすることも一つです。

誰かに教えてもらうことも一つです。

自ら学ぶことも一つです。

その中で、リーダーズ・ラーニングが重要視しているのが「自ら学ぶ」ことです。

■人の成長には「自ら」学ぶことが重要

特にこだわっているのは、人が「自ら」学ぶということです。

誰かに教えてもらって学ぶことと、「自ら」学ぶことは、どちらも学ぶことに変わりはありません。

場合によっては、よく分かっている人から教えてもらう方が、より多く学べることもあります。

でも、人が成長する上で欠かせないのは、「自ら」学ぼうとする意欲、姿勢です。

その意欲、姿勢がなければ、教えてくれる人、導いてくれる人がいなければ成長できなくなってしまうからです。

リーダーとなる人材なら、誰かに導かれなくても、自らが学ぼうとする姿勢が欠かせないのです。

■リーダーには、常に学ぶ姿勢が必要

また、一人前のリーダーになるためには、多くのことを身につける必要があります。

一人前のリーダー、良いリーダーになるためには、ゴールはありません。

どこまで行っても、何かしら課題が出てきます。

リーダーは、常に、何らかの課題を解決しながら、一歩ずつ成長していくのです。

そのために必要なのは、常に学び、自らを高めていこうとする姿勢です。

■リーダは、幅広く学ぶことが必要

では、リーダーは、何を学んでいけばいいのでしょうか?

残念ながら、明確な答えはありません。

ただ一ついえることは、幅広く、多くのことを学ぶ必要があるということです。

たとえば、業務知識、スキル、業界の状況など。

自分の仕事に直結したことを学んでいくことは必要不可欠です。ただ、これは、特に学習するというよりも、仕事に打ち込んでいれば自然に身につくものでもあります。

他には、マネジメントスキル

人をまとめていくのがリーダーである以上、欠かせないのはマネジメント・スキルです。

マネジメント・スキルは、日々の仕事の中から学ぶものでもあり、研修などで学ぶことでもあります。

このスキルを身につけられるかどうかが、会社の中で管理職として成果を出せるかどうかに影響してきます。

そして、リーダー本人が、マネジメント・スキルを身につけようという意識があるかどうかがとても重要です。

マネジメント・スキルは、誰かに教わっただけでは身につくものではないからです。

■マネジメント・スキルを磨くためには継続学習が必要

マネジメント・スキルを身につけるためには、日々の実践とその振り返りが欠かせません。

マネジメント・スキルは、本や研修で学んだとおりにやればいいというほど、単純ではありません。

同じような事例でも、相手によって、状況によって、微妙に違います。微妙な違いにうまく対処しないと、いい結果は得られません。

ですから、日々の実践と振り返りが欠かせないのです。

その日々の振り返りに欠かせないのは、リーダー自身が、マネジメント・スキルを学ぶことです。

本や研修で学んだことが、そのままぴったりと当てはまるわけではありませんが、リーダーが知っておくべき基本的な知識にはなります。実践で活用するための基礎知識なのです。

それをたくさん知っているかどうかは、うまくマネジメントできるかどうかに影響します。

マネジメント・スキルを身につけることは、ゴールのない学習の旅です。

マネジメント・スキルを身につけるためには、継続学習がどうしても欠かせないものなのです。

■継続学習を実現するためには

それでは、どのようにしたら、継続学習が実現できるのでしょうか?

それについては、どうすれば、継続的に学習させられるのか?をご覧になってください。

■リーダーが学ぶためのオンライン講座

リーダーズ・ラーニングでは、リーダーが学ぶためのオンライン講座を用意しています。

リーダーが学ぶためのオンライン講座の詳細はこちら

リーダーのための【スキルアップ講座】の詳細はこちら

経営者のための【オンライン経営講座】の詳細はこちら